受験の英語を超えた本物の英語を身につける「リーディング オーシャンズ」

多読・多聴とは

「リーディング オーシャンズ」は、英語学習者のための「多読・多聴」オンラインプログラムです。PCのオンライン学習に加えて、タブレット、スマートフォンでもご利用いただけます。

「多読」学習の効果は知られていますが、「本」での普及は難しいところもありました。このシステムでは、いつでもどこでも多読学習ができる画期的なプログラムです。初めて英語を学習する方から、英語をもう一度やり直したい方まで対象としています。どなたでも英語の学習が出来ます。

自分の英語の力に応じた易しめの本をたくさん読み、聞き、そして何よりも大事なことは続けることです。多読・多聴は、読解と聴解の「自動化」を促進します。


実 例

例 1:東京都立大田桜台高等学校
内容:高校1年生~高校3年生まで約半分は多読多聴の授業を展開。
パソコン教室で本を読みながら朗読し、音声や絵本が歌になった音声を聞く。

GTECスコア高校1年生から3年生まで、全国平均52点アップのところ、 校内平均で95点アップ!
英語の成績上位1/3の生徒では、128点もアップ!

例 2:鳥取県立境高等学校
内容:大学進学組を中心に多読多聴授業を展開、週1~2回、8時限目の講習に 図書館で実施。

多読多聴開始3年目で、平均偏差値50~60→70超の生徒が現れた!「個人のレベルに合わせて進められる多読多聴授業は、英語が苦手になりにくい」 ※ 同高校 池田洋二 校長先生 談

例 3:進学塾 SEG
内容:全25教室で生徒約1300名が、多読多聴クラスに学んでいる中学1年生~高校3年生まで6年間のカリキュラムを実施。

成果 例 1 中学生から始めたYくん:中学1年生で英語中位の成績➪高校1年生の10月TOEFL(iBT)81点!
成果 例 2 2009年:帰国生以外の中学3年生の中からTOEIC 800点超を複数排出!

2010年:帰国生以外の中学2年生3人が、Harry Potter の原書全7巻制覇!
2013年:中学1年 基礎クラスから始めた生徒が高校1年生でiBT80点獲得!


どんな効果があるのか?

・ちくいち日本語に訳さなくても、英語そのものとして理解できるようになる。
・よく見る単語は無意識に理解できるようになり、英語の情報処理能力が高まる。
・英語を早く読めるようになる。
・読める子は英語が好きになる。学習意欲が向上した。
・多読で読書の習慣づけ。
・集中力、持続時間が増加した。
・外部試験等で多く読んだ生徒ほど点数が上がった。

※ 語彙(ごい)や文法の知識を無意識的に使えるようになる。


「リーディング オーシャンズ」推薦する声!

世界各国の英語指導者が、「リーディング オーシャンズ」を推奨しています。英語の多読教材として、語彙(ごい)や難易度が絶妙にコントロールされ、誰もがモチベーションを持って楽しみながら取り組むことが出来るからです。

name-1

「リーディング オーシャンズ」は、特に若い学習者向けに、よく考えて作られた多読教材です。語彙(ごい)がうまくコントロールされており、また物語を中心に構成された内容も大変興味深いものです。 「リーディング オーシャンズ」は、現在市販されている読み物教材がカバーできていないギャップを埋める最適の教材です。


name-2

高い理解度で読める易しい本をたくさん読んでいると、いつのまにか、難しくて長い本も読めるようになります。そのための楽しい教材「リーディング オーシャンズ」を推薦します。


英語の多読・多聴の現状は?

・本を揃えるためのコストが掛かる。
・本のレベルとジャンルを揃えるコストが掛かる。
・本の維持と管理が大変。
・多読指導は、個別指導になるのでコストが掛かる。
・カリキュラム を作成するのが大変。


リーディング オーシャンズ 特徴

・オンラインだから、本の維持管理が不要!
・書籍と違い、音声学習も豊富!
・多読、多聴後の豊富なエクササイズ!
・先生方が管理しなくても、生徒さんの学習履歴が自動的に記録!


リーディング オーシャンズ 更新情報

2015/12/1
受験の英語を超えた本物の英語を身につける
「リーディング オーシャンズ」サービス 開始!

正当なCSSです!HTML5 CSS3 本物の英語を身につける「リーディング オーシャンズ」

↑ PAGE TOP